女性の薄毛・脱毛

女性の薄毛・脱毛について

女性の脱毛や薄毛、抜け毛などはいわゆる男性型脱毛症のパターンとは異なり、女性特有の症状があります。

出産後に抜け毛が増える分娩後脱毛症や、特に中年以降に多いびまん性脱毛症などの種類があります。

女性の抜け毛の原因として、女性ホルモンの減少、ストレス、過度なダイエット、過度なヘアケア、栄養障害などが関係しているといわれています。

たとえば、出産後に抜け毛が多くなる分娩後脱毛症は、出産前後の女性ホルモンの急激な変化により、髪の成長サイクルが変わってしまったり、妊娠中に髪に必要な栄養が胎児にとられてしまったり、といったことが原因として考えられます。

大抵の場合は一定期間(個人差があります)で急激な抜け毛は収まりますが、ストレスや栄養不足などで抜け毛が止まらないケースもあるようです。

びまん性脱毛症は一般的に30代後半からの女性にみられ、男性のような局部的な脱毛、生え際の後退などとは違い、全体的に薄くなります。

原因としては、老化、ストレス、過度なダイエット、過度なヘアケア、経口避妊薬(ピル)などが考えられます。

女子男性型脱毛症の場合は男性型脱毛症と似たような抜け方をします。

その他にも、牽引性脱毛症は、毛根への過度の負荷が原因でおこり、負担のかかる髪型、たとえばポニーテールなど強く引っ張られた部分が薄くなることがあります。

また、薬の投与による脱毛や、外傷・やけどなどの原因によるものなどが考えられると思います。

症状によっては育毛剤などを使わなくても自然と回復するものもあります。
ご自身の症状を今一度確認してみてはいかがでしょうか?